fc2ブログ
佐々木朗希頑張れ‼ この絵、ちょっとひどいかな。
 ウーパールーパーは日本人にしか通用しない名前だとか。

         人の子も子どもはみんな可愛くて 192センチそれでも子ども 😂

yahooを検索していたら、佐々木朗希の態度が悪くてかなり攻撃されていた事件をしった。
2022年4月24日のオリックス対ロッテ戦のこと。野球は好きだけど、長時間なのであまりみれない。

佐々木朗希。かわいいけど、192cmもあるそうだ。
東日本大震災で、お父さんとおじいちゃん・おばあちゃんと3人も亡くしている……。
彼は当時まだ9歳。父親の死を知った時から、しばらく声が出なくなったそうだ。

ピッチャーと球審のトラブルは時々あると思う。
大谷なんかも、絶対ストライクと思っても、ぎりぎりボールだったり。
そんな時、大谷も首傾げているしね。

球場というフィールドでの絶対権力者である審判の立場にある人が、感情のままに選手に詰め寄るのは、
権力を笠に着た横暴以外に表現のしようが無い行為だと思います。

と投稿している人がいたけど、私もそう思う。
今回の事件は、自信のストライクコースだったのを、ボール判定だったので、佐々木は面白くなかった。が、
詰め寄った時、白井球審の目が座っていて怖かったと言う投稿もある。
もし、相手が大谷でも詰めよったかな。この事件は白井球審の負けだね。

マウンドの朗希に詰め寄った白井球審。家に帰ったら、奥さんに怒られたのでは。
朗希は、みているとまだまだ子供顔で、これからのびると思う。ゆっくり待ってあげたい。
それにしても捕手の松川、すごいな。判定を聞くと「ストライクだった」と言ったそうだ。(笑)
令和の時代に何となく違和感がある事件。佐々木は抗議したわけではない。苦笑いくらいは良いのではと思うが。
父親がいないことはスポーツの世界にいる彼にとって,ことあるごとに辛いのでは。

どうぞ拍手とはがき絵、2箇所クリックしてください。できたらコメントも。
お知り合いの方に拡散してくださいますようお願いします‍。
にほんブログ村 美術ブログ はがき絵へ
にほんブログ村
2024.02.02
コメント記入欄