fc2ブログ
當間さん(冨山房(ふざんぼう)インターナショナル発行・2000円税別)

宮彫り師・波の伊八こと「武志伊八郎信由」は江戸時代に千葉鴨川に生まれた。
葛飾北斎の有名な浮世絵「波に富士」の絵も、伊八の波を参考にしたそうだ。
その北斎の絵をゴッホが参考にしている。
波と龍を彫ったら世界で右に出る者はいないだろうと言われている。
世界に誇れる彫刻師なのに、當間さんが紹介するまで、光が当たったことはなかった。

「伊八会」代表の當間隆代さんは伊八の写真集を自費出版し、千葉県下の小・中学校・図書館に寄贈された。
無償の本と言っても、とても立派な上製本。彼女も多摩美大の彫刻科を卒業した芸術家。
撮影から印刷・製本まで全て本格的なプロ仕上げの写真集で、「世界の伊八」の名を汚さないようにという
彼女の強い思いを感じた。

そして、ご主人を亡くされてからは伊八を恋人のように慕い尊敬し、
残りの人生を伊八に捧げている。伊八ならご主人も文句は言えないだろう。
夫も私も「波と龍」に心惹かれ、二人で「波の伊八ファンクラブ」に入り、
千葉県下の神社・お寺を當間さんの後ろについて歩き、本物の伊八の彫刻を見せてもらった。

しかし、當間さんの最終の夢は、伊八の映画を作ることだった。
「主役の伊八は誰にする?」と當間さんが言った。
「渡部篤郎なんてどう?」と私が言ったけど彼女は返事をしなかった。イメージ違ったかな。
伊八は彫刻の注文が来ても、海岸で酒を飲みながら、来る日も来る日も海ばかり見ていたという。
実は寄せては返す、波の動きを観察していたみたい。
私の中では、いつしか伊八は孤高の人で、イケメンで…と想像が膨らんでいた。

暮れに「伊八会」のKさんから信じられない電話があった。
「當間さんね、10月27日亡くなっちゃったよ」
元気の塊のように見えた當間さんが…。まさに人生を駆け抜けたと言う感じ。
病気ばかりしている私より先に逝くなんて‼️。😂
2016.12.13にも 「宮彫り師 波の伊八」のタイトルでブログにアップしています。

2023・11・4発行 「海を渡る北斎」 文・神山典士 絵・蟹江杏 が出版されました。
當間さんの側近Oさんが教えてくれた。
「この本の終わりの方に當間さんのことが5頁にわたって書かれているから、
ぜひ読んでみて」と1冊の本を見せてくれた。
本は當間さんが亡くなった1週間後に発行されている。彼女は本を見ることができただろうか?
まだまだ、志なかばだったと思う。 當間さん、お疲れ様でした。もう、ゆっくり休んでよね❣️

どうぞ拍手とはがき絵、2箇所クリックしてください。できたらコメントも。
お知り合いの方に拡散してくださいますようお願いします‍。
にほんブログ村 美術ブログ はがき絵へ
にほんブログ村
2024.01.24
コメント記入欄