fc2ブログ
慰霊の日が命日

   慰霊の日6月23日を 見知らぬ義父の命日とする (短歌のつもり)😂

義父の命日は昨日23日。夫の命日は明日6月25日。

義父といっても、夫が5歳の時亡くなっているので、彼もそんなに覚えていないみたい。
戦果を逃れ、荷車に荷物と一緒に5歳の息子を乗せて北部へ逃げる時、
途中で荷車の轍が山道の側溝にはまり、息子を親戚に預けて自分は残った。
それっきりだそうだ。
だから遺骨も何もない。写真が1枚だけ、彼が大事そうに持っていた。
凛々しい顔の若い頃の写真。30代だろう。確か警察官と聞いた。制服を着ている。

沖縄戦は1945年3月26日に米軍が沖縄・慶良間諸島に上陸して始まり、県民の4人に1人が犠牲になった。
夫の父親もその一人。
国籍や軍民を問わず、戦没者の氏名を刻む公園内の石碑「平和の礎」には
亡くなった24万人の名前が刻まれている。

6月1日から行われていた平和の礎に刻まれた24万人余りの名前を読み上げる取り組みは、
23日慰霊の日にすべての名前を読み終えた。
「みんな忘れていないよ!」と呼びかけている取り組み出そうだ。

娘と孫が今年春、沖縄旅行に行き「平和の礎」にも行ってお参りし、おじいちゃんの名前を探したと言ってた。
「探すの大変だったよ」と言ってた。^^

「原爆の日」と同じように「慰霊の日」も、国の記念日にして国民みんなで
戦火となった沖縄を忘れないようにして欲しい。

どうぞ拍手とはがき絵に2箇所クリックしてください。
コメントを書く画面が出ますので出来ましたら感想をお願いします。クリックだけでも嬉しいです。
お知り合いの方にも拡散してくださいますようお願いします‍。
にほんブログ村 美術ブログ はがき絵へ
にほんブログ村
2023.06.24
コメント記入欄